スピーカー聴診時のハウリング対策

ハウリング対策

スピーカーを使用して聴診を行う場合、キーンと耳障りなハウリング音が入ることがあります。これはマイクをスピーカーに近づけると発生するのと同じ現象です。以下の対策を行うことである程度軽減できますのでお試しください。

  1. 診察ベッドの端から端程度(150~180cm)程度開ける

  2. スピーカーの開口部は自分と逆向きにする

  3. ネクステートとスピーカー双方の音量を調整する

  4. リバーブが気になる場合はスピーカーをタオルで巻く

オススメのスピーカー


Anker Soundcore 2

製品仕様

製品寸法:約165 × 45 × 54 (mm)

製品重量:約365 g

接続方法:Bluetooth4.2、AUX

同梱物:Micro USB 充電ケーブル、取扱説明書

43回の閲覧0件のコメント

関連記事

すべて表示