「耳が痛い!」から始まった聴診器デジタル革命、医師不足の救世主に?ーービジネスインサイダーに掲載されました


「医師は病院に滞在しながら、車の運転手と看護師だけを移動させて『出張遠隔治療』というような形で次々と診断していくようなシステム —— ユビキタスヘルスケア(どこでも誰でも同じ医療を)構想を提案したいと考えています」

https://www.businessinsider.jp/post-206098

先日、取材受けました。ビジネスインサイダーで峯がこれまた熱く語っていたユビキタスヘルスケアの概念を丁寧に書いたいただけました。記事中にもありますが、従来の遠隔医療では不足している、対面診療に近づけるために必要な聴診の必要性を「医師の知覚の拡張」という形で表現いただいています。

従来の遠隔診療で度々問題とされる、画面越しで患者さんの状態を見ただけでわかるのか?という問題。従来の遠隔診療の限界ーー言い換えれば医師が診断が下すのに必要な情報をどう増やすのか?、弊社は聴診器に一つの答えを見出しました。最近良く聞く「デジタルトランスフォーメーション(DX)」にも通ずる医療の世界の新しい動きです。どうぞご期待下さい!


60回の閲覧

ABOUT US

株式会社シェアメディカル

東京都千代田区大手町1-6-1

​SPACES大手町ビル

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey YouTube Icon

© 2019 By ShareMedical Inc.

NEWS RELEASES

ネクステートについてニュースレターご希望の方は以下にご記入ください

arrow&v