top of page

ネクステートを使って整形外科医の私が一日約300人の学校健診を完了!


今回のお話は、整形外科医の大数加先生(おおすか整形外科)が、学校検診で専門外ながら必須の聴診をネクステートでチャレンジし、約300人の健診を効率的に行えたお話です。整形外科医なので日常の診察では聴診器の出番は少ないようで、健診での聴診は毎回緊張感するとのことでしたがネクステートを導入したことで、いろいろ気づきもあったようです。早速見てみましょう!

 

私は整形外科医ですが、すでに8年ほど近隣中学校の校医をしています。脊柱側弯の発見などは専門分野ですが、慣れない聴診は毎回緊張感があります。しかも機械式聴診器を使い一日で約300人を聴診すると、イヤピースで耳が締め付けられ、耳の痛みと頭痛で困っていました。SNSで大学の後輩の道海先生がネクステートの紹介をしていました。なかなか一般には受け入れられないのではないか、と様子を見ていましたが、そんな中で新型コロナのパンデミック。新しい生活スタイルへの理解の高まりもあり、感染防御に生かせると期待し導入しました。


〇健診の状況:

  • 聴診時の服装は基本的に体操服1枚、下着無し、の状態で行いました。

  • ネクステートには市販のフルワイヤレスイヤホンを接続しました。

  • 2時間半で無事男女約300名の健診を終えましたが、機械式の聴診器のような頭痛や耳の痛みはありません。

  • 心臓の基礎疾患を持つ生徒についても慎重に聴診できました。心音がとてもよく聴取できます。

〇良かった点

  • 服を脱がなくても聴診がクリアに聞こえます。特に女子生徒にはぴったりと思います。

  • 体操着の下にもう一枚下着を着ていてもボリューム調整でよく聞こえました。

  • チェストピースが直接肌に触れないので感染防御になります。

  • 寒い日に裸にならなくても済みます。

  • 機械式聴診器よりネクステートの方が格段によく聞こえました。

〇活用するにあたって考慮すべき点

  • 万一バッテリーが切れた場合のため機械式聴診器を用意しておく。

  • モバイルバッテリーなどで空き時間に継ぎ足し充電する。

  • 生徒がざわついた時などの雑音への対策は?

など。