​COVID-19 活用事例
感染防御下での聴診方法

ネクステートをビニール袋に入れて使用する方法

​(無線通信使用時)

監修:藤沢スマートタウンクリニック 医師・医学博士 道海秀則

1.

fukuro150.jpg

※製品版は金属部は銀色です

​チェストピースの膜面を下にしてビニール袋の奥、中央に入れます。

2.

fukuro250.jpg

袋を三つ折りにします。必要であれば先端をテープで固定します。

3.

fukuro350.jpg
fukuro450.jpg

​膜面側の写真です。

空気を抜きながら、袋を結んで開口部を閉じます。

4.

hokyouden50.jpg
hokyouon50.jpg

頻繁に使う電源スイッチ、​音量ダイヤルの部分をテープで補強します。

6.

fukuro650.jpg

スピーカー使用時のハウリング対策:

1.診察ベッドの端から端程度(150~180cm)程度開ける

2.スピーカーの開口部は自分と逆向きにする

3.ネクステートとスピーカー双方の音量を調整する

4.リバーブが気になる場合はスピーカーをタオルで巻く

5.

headphonevinyl50.jpg
zenshinbougo50.jpg

ネクステートとヘッドホンをビニール袋に入れることで、全身防護服を着たまま使用できます

 ※熱がこもる場合は電源を切り、温度が下がるまでダウンタイムを取ってください。

7.

fukuro550.jpg

ペアリングと再接続のコツ
・ペアリング:

1.ヘッドホン側をペアリングモードにする

2.ネクステートの電源を入れ、無線通信ボタンを押す

 

・再接続:

1.ネクステートの電源を入れる

2.ヘッドホンの電源を入れる(自動で再接続)

3.再接続されない場合はネクステー トの無線通信ボタンを押す